白崎あゆみと行く突撃取材in高機能素材Week2018 「 ダイセル・エボニック株式会社様」編

【突撃取材2018】「 ダイセル・エボニック株式会社様」編

12月に行われた高機能素材Week2018にて、フリーアナウンサーの白崎あゆみさんとPlaBase事務局が注目している出展企業様に取材を敢行いたしました。

展示会に行けなかった、行ったけど説明を詳しく聞けなかった、そんな皆様に向けて、直接現場から生の声をお届けいたします!

ダイセル・エボニック株式会社様

第1回目の取材先はダイセル・エボニック株式会社様。お話を伺ったのはご担当の落合様と明石様です。

まず初めに紹介するのは、冷却配管用のチューブ。従来、ダイセル・エボニック株式会社では、ナイロン12をと呼ばれる強靭な物性を持つ「ポリアミド樹脂」を取り扱いますが、それは高温の水を流してしまうと分解してしまうという弱点を持つため、冷却配管用チューブには使用できませんでした。しかし今回、ある樹脂を使用することにより、その樹脂の特性とポリアミドの持つ強靭な物性が組み合わさったより良い冷却用の配管の開発に成功しました。一体、開発に導いたある樹脂の正体とは…!?

次に紹介するのは、超大型の成型品。ダイセル・エボニック株式会社のお客様が開発された特殊な圧縮成形。巨大・厚肉・重量のあるものを低価格、高クオリティでロスなく提供できます。いったいどのようなものが出来上がるのでしょうか…?

動画は3分程度なので、お時間がある時にぜひご覧ください!

 

 ・ダイセル・エボニック株式会社について詳細は下記リンクよりご確認ください。

ダイセル・エボニック株式会社

sample
PlaBase編集部
PlaBase[プラベース]

これまでカタログや材料メーカー各社のホームページ内に散在していた樹脂(プラスチック)成形材料の情報をPlaBaseに集約しました。 メーカー・樹脂名・物性値など多様な検索方法によって、お客様の目的に合った樹脂成形材料のデータを探し出すことができます。