【製図記号、ルール】機械図面を読むための、基本の基【3】

さらに知っておきたい、基本的な製図記号やルール


この連載では、機械設計やトレースのビギナーさんはもちろん、それ以外で機械設計の現場にかかわる方や学生さんも対象にして、機械図面(三面図)の読み取り方の最低限の基本について解説していきます。

今回は、引き続き製図の用語について解説します。製図の用語やルールは日本工業規格(JIS)で決められていますが、現場ごとで独自ルールが使われていたりもします。
ここでは、そんな事情も踏まえながら、わりと普遍的なことについて説明します。

製図の記号


半径と直径、面取りなどの寸法には決まった記号があります。

・Φ:直径のこと。「ファイ」もしくは「まる」と読みます。中には、「パイ」と言う人もいます……。
・R:半径のこと。「アール」と読みます。円弧の寸法です。
・C:ななめ45度の面取りのこと。「シー」とそのまま言っています。
・□:縦横が等しい寸法。
・SR:球形状の半径
・SΦ:球形状の直径

 

【面取りと穴についての指示】

この記号の後に、寸法値を描きます。「Φ3.5」(直径が3.5mm)、「R5」(半径が5mm)といった感じです。

「Φ」は、ゴシックや明朝など基本的な電子フォントでは○の中に真っすぐにIの字が見える字しか選べないのですが、製図では上の図のように、○の中に線を斜めに引っ張ります。

JISでは明らかに○と分かる形状ではΦを省略してもよいことになっています。とはいえ、そのようなケースでもΦを付ける人は今もよくいますし、CADのデフォルトの設定もそうなっています。また、丸くつながった○にR、逆に円弧にΦを指定することはほぼありません。

面取り(C)の長さは、ななめになっている部分の長さではありません。斜めに切った部位に対して水平垂直な“縦横”の寸法を示します。寸法線が、確かに斜面をさしているのですが。

□の図示も、Φ(直径)と同様に、JISでは明らかに見た目が正方形である場合は省略してもいいことになっています。そして使う人の事情も、Φと同じ感じです。

【30mm角の指示】

工業部品では加工が難しい球形状の指示はあまり出てこないので、機械図面でSRやSΦの登場頻度はそれほど多くありません。

ねじの表記


日本の工業部品においては、「メートルねじ」が一番使われます。このメートルねじを示す記号が「M」です。直径3mmの太さのねじなら、「M3(エムサン)」と言います。雄ねじか雌ねじかにかかわらず、同じです。ねじ部の外形の直径のことを「呼び径」といいます。ねじ頭の直径ではなく、ねじが切ってある部分の外形です。

【ねじの指示(M6が2カ所):よく見ると、外側の細線の部分が欠けているのが見えますか?】

ねじは、山を太線と谷を細線で、同心二重丸にして表現します(谷を点線で描いている人も見たことがあります)。谷の方は4分の1が欠けている形で書くのが現在のJISルールですが、今もきっちり二重丸で描く人もいるみたいです。

またねじについては、数字が直径の寸法を示していても、「MΦ3.0」「ΦM3.0」と描くことはありません。

メートルねじ以外にも、ねじの規格はいろいろあります。例えば、米国のインチねじの規格に、「ユニファイ」があります。この場合はUNC(並目)やUNF(細目)という頭文字が描いてあります。その後ろの数字はinchです。数字が分子分母で描いてある場合は、1inchに対する値です。海外メーカーの部品を取り付けたい部分で見られます。

個数の表示


同じサイズの穴やねじの個数は「3×Φ10」「2×M3」など、「数×」と書いて指示します。また個数表記は「×」ではなく、「-」を使用する人もいます。これは旧JISのルールです。

同じサイズのRや面取りについては、JISでは1カ所だけ寸法記述して個数を省略することになっています。しかし実際の現場では、穴やねじと同様に個数表記する人をよく見ます。

(次回に続く)

sample
PlaBase編集部
PlaBase[プラベース]

これまでカタログや材料メーカー各社のホームページ内に散在していた樹脂(プラスチック)成形材料の情報をPlaBaseに集約しました。 メーカー・樹脂名・物性値など多様な検索方法によって、お客様の目的に合った樹脂成形材料のデータを探し出すことができます。