「高機能素材 Week2020」オンライン展示会レポ(前編)

この記事では…
2020年12月に開催された「第11回 高機能素材Week」東京展に出展していた企業の製品の数々を、プラスチックの技術動向・産業動向に明るい安田 武夫氏が紹介(前編)。

(執筆:安田 武夫/安田ポリマーリサーチ研究所)

2020年12月2~4日の3日間、幕張メッセで、高機能プラスチックおよびフィルムなどに関する展示会「第11回 高機能素材Week」の東京展が開催された。東京展の出展者数は435件、会期中の来場者は1万8048人であった。

今回も実地とオンラインの両方で開催されていたが、筆者は後者のオンライン展示会に参加。筆者が注目した企業に連絡を取り、掲載の承諾を得た情報について紹介していく。

三菱ガス化学


三菱ガス化学は、熱可塑性ポリイミド(TPI)の「サープリム」の各種グレード、フィルムや射出成形関連の各種の用途例を展示で紹介。特に新しいポリエステル「ALTESTER」は、耐熱性と透明性を両立した材料で幅広い分野の用途が示された。

写真1 サープリムの成形品の代表例(出典:三菱ガス化学)

サープリムは、優れた成形性と耐熱性を兼ね備えた樹脂であるという。その特徴は、以下である。成形加工例としては、フィルム、押出部材、UDテープ、射出成形品などを挙げている。

・結晶性熱可塑性樹ポリイミド
・高耐熱、高強度
・成形加工のしやすさ
・低誘電、高摺動性
・耐リフロー

 

同社資料から、ペレット外観や特性などの説明の一部を抜粋する。

図1-1:サープリムのペレットについて(出典:三菱ガス化学)

図1-2:基本物性および成形加工例について(出典:三菱ガス化学)

もう1つ、同社が紹介していた、サープリムフィルムは、結晶化フィルムであり、低誘電特性、低吸水、高視認性、高靭性、高Tg(185℃)といった特徴を持つ。

写真2サープリム製フィルム(出典:三菱ガス化学)

サープリムフィルムの用途の例としては、5G(第5世代移動通信システム)関連部材、FPC基板、CFRP向け原料、音響機器部品などを挙げている(図2)。

図2:サープリムフィルムの特性や用途(出典:三菱ガス化学)

ダイセル・エボニック


ダイセル・エボニックは、ポリアミド(PA)系材料として、燃料配管多層チューブや冷却配管用チューブ、透明PAなど、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)では低誘電グレード、導電性グレード、デンタルグレードなどを展示した。

メタクリル樹脂(PMMA)では、耐熱グレード、ピアノブラックグレードなどを紹介した。他には、異種材接合の展示も見られた。

写真3:PEEKのデンタルグレードの成形品の例(1)(出典:ダイセル・エボニック)

PEEKは歯科材料として優れる。インプラント用Iグレード、恒久的歯科用デンタルグレードなどを上市している。その特徴について、同社は以下のように説明している。

・メタルフリー、軽量および快適な付け心地である
・生体適合性、生体安定性に優れる
・機械加工および仕上げが容易である

 

用途としては、歯頸部歯肉フォーマー、クラウンおよびブリッジ、義歯(義歯床)、インプラントなどを挙げている(図3)。

写真3-2:PEEKのデンタルグレードの成形品の例(2)(出典:ダイセル・エボニック)

光学用メタクリル樹脂(PMMA)の光拡散グレードとしては、エッジライト用とバックライト用がある(図4-1)。

図4-1:光拡散方式の違いについて(出典:ダイセル・エボニック)

エッジライト用の特徴は、以下である(図4-2)。

・拡散材により、均一かつムラがない面発光を実現
・光学距離によるバリエーションが豊富である

図4-2:エッジライト用の特徴(出典:ダイセル・エボニック)

さらに、バックライト用の特徴は、以下(図4-3・4)。

・拡散材効果により優れた光源の隠蔽性を有する
・板厚が増すほど拡散効果上昇する
・グレードバリエーションが豊富である

図4-3:バックライト用の特徴(1)(出典:ダイセル・エボニック)

図4-4:バックライト用の特徴(2)(出典:ダイセル・エボニック)

サンユレック


サンユレックは、車載用高耐熱性樹脂、車載用高熱伝導樹脂、低誘電特性樹脂、放熱用ウレタン樹脂、エポキシ樹脂注型剤、一液性エポキシ接着剤、エポキシ発泡樹脂などを紹介した。

エポキシ発泡樹脂の特徴は、以下のとおりである(図5-1)。

・複合材と組み合せて一括成形が可能である
・シートタイプは上面・側面に貼り付けることが可能である

 

図5-1:エポキシ発泡樹脂について(出典:サンユレック)

用途例や使用目的としては、CFRP成型品の軽量化、曲面成型体の内圧成形を挙げる(図5-2)。

写真5:CFRPとの一括成形(出典:サンユレック)

エポキシ樹脂シートの特徴は、サンユレックが以下のように説明している(図5-2)。

・Dip含侵に比べ、プリプレグの樹脂含有量の制御が容易である
・基材のメロスが極めて少ない
・成型後、表面ボイドがないので、トップコート作業が簡便である
図5-2:エポキシ樹脂シートについて(出典:サンユレック)

用途例や使用目的については、繊維基材のプリプレグ化、CFRPの表面ボイド低減を挙げる(図5-3)。

図5-3:エポキシ樹脂の用途について(出典:サンユレック)

日鉄ケミカル&マテリアル


日鉄ケミカル&マテリアルは、ポリイミド系銅張フレキシブル積層板「ESPANEX」の低誘電グレードを展示した(写真6)。スマートフォン(スマホ)やサーバの基板、LEDヘッドランプや二次電池用FPCといった車載関連の電気部品などの放熱対策に有効だという。

写真6:銅張積層板「ESPANEX」(出典:日鉄ケミカル&マテリアル)

同製品には高伝熱フィラーを添加し熱伝導を高めるタイプと、ポリイミド層を薄肉化したタイプの2種がある。いずれも、ポリイミドの耐熱性を保ちながら熱伝導率を高めることで、チップ温度を低減させることができるという。

高熱伝導タイプ:厚み方向の熱伝導率を10倍にしたもの
薄肉タイプ:膜厚が80%減されたもの

図6:銅張積層板の性能について(出典:日鉄ケミカル&マテリアル)

併せて、ピッチ系炭素繊維の高伝導品、高性能品およびCFRTP(炭素繊維強化熱可塑性樹脂)プリプレグも紹介。これら高機能CFRP製品の業種ごとの用途について、同社は以下のように説明していた(写真7)。

・軽量、高剛性を生かした一般産業用途および精密機械用途部材。例えば、円筒部材(ロール、パイプ)、板材、異形断面など
・X線透過性を生かした医療用途部材。例えば、カセッテ、天板など
・ピッチ系炭素繊維による高熱伝導性および高振動減衰性の部材

 

写真7:CFRP成形品(出典:日鉄ケミカル&マテリアル)

デンカ


デンカは、LCP(液晶ポリマー)のCFRTPとその成形品、スピーカー振動板用途向け良音響特性フィルム、3Dプリンタ向け高速造形樹脂、低誘電有機絶縁材料、BN樹脂複合体、ハロゲンフリー耐熱性離型フィルムなどを、さまざまな製品を展示で紹介した。

「AXSORDER」は同社が独自開発したLCPフィルムである(図7-1~3)。LCPは異方性が強い材料であるが、独自製法で機械特性・電気特性の等方性と量産化を実現した。特長は、以下の通り。想定用途として、スマホ部品、自動車部品などを挙げている。

・耐熱性:I型~II型に対応する
・優れた銅箔密着性を発現する
・厚み:25μm~40025μmのシート形状に対応する

 

図7-1 AXSORDER LCP(LCPフィルム)の概要(出典:デンカ)

図7-2 AXSORDER LCPの使用例、LCP FCCL(出典:デンカ)

図7-3 AXSORDER LCPの使用例、LCP CCL(出典:デンカ)

興人フィルム&ケミカルズ


興人フィルム&ケミカルズは、同社の取り扱う二軸延伸PBTフィルムとその成形性などについて展示した。同社は、二軸延伸PBTフィルム(OPBT)「ボブレット」の特長について、以下のように説明する(図8-1)。

・優れた耐ピンホール性を持つ(特に耐屈曲疲労性・耐摩耗性が良好である)
・業務用重量物、バッグインボックスにも耐えられる強度がある
・耐寒性および非氷着性に優れており、冷凍・冷蔵食品に適する
・プラスチックの減容化、CO2削減、環境への負荷低減に貢献できる

 

図8-1 OPBT「ボブレット」の150℃環境下における引張破断伸度(出典:興人フィルム&ケミカルズ)

OPBTとONY・OPETと物性を比較した表を以下に示す(図8-2)。

図8-2フィルム特性の比較表(出典:興人フィルム&ケミカルズ)

中興化成工業


中興化成工業は、ふっ素樹脂関連のふっ素樹脂(/PI複合)フレキシブル銅張積層板、各種ふっ素樹脂系粘着テープ、ふっ素樹脂製チューブ、射出成形品などを展示で紹介した。

今回展示した多孔質フィルム「シポラス」はPTFE100%であり、シート状や打ち抜き形状の他、不織布やメッシュとの複合品での提供に対応しているという。その特長については、「通気性、耐熱性、耐薬品性、耐候性、透湿性、滑り性、クッション性、撥水性に非常に優れる」(同社)という。用途例としては、フィルター、エアベント、脱気、バブリングなどを想定するとしている。

多孔質フィルムの拡大写真や特性については、図9-1~3で示す。

図9-1 PTFE系多孔質フィルム「シポラス」の拡大写真(×1000)(出典:中興化成工業)

図9-2 製品の性能(出典:中興化成工業)

図9-3 製品規格について(出典:中興化成工業)

次回も引き続き、第11回 高機能素材Week出展企業の製品について、いくつか紹介する。(次回へ続く)

sample
PlaBase編集部
PlaBase[プラベース]

これまでカタログや材料メーカー各社のホームページ内に散在していた樹脂(プラスチック)成形材料の情報をPlaBaseに集約しました。 メーカー・樹脂名・物性値など多様な検索方法によって、お客様の目的に合った樹脂成形材料のデータを探し出すことができます。