プロダクトデザインって、何でそんなにお金取るのさ?:初めてプラ製品を作る人に伝えたいこと(2)

この記事では…
そもそもプロダクトデザインは実際にどんな作業をするのかと、デザイナーのコストについて説明します。

(執筆:林光邦/株式会社テクノラボ 代表取締役)

前回は、プラスチック製品の仕様決定について説明しました。第2回は「デザイン」についてとなります。日ごろ、デザインについて誰かに説明する際、「分かりづらい」と良く言われます……。今回は、皆さんに分かりやすくなるよう、少々思い切った表現で説明していきます。

ずばり、デザイン(プロダクトデザイン)という仕事は、簡単にいえば、次の4つで出来ています。

① デザインコンセプトを決める
② 製品がユーザーにどんな印象を与えるかを決める
③ その使われ方(ユーザビリティ)を明確にする
④ 上記を満たすカタチをデザインする

これだけだと、抽象的で少し分かりづらいので、それぞれについてもう少し説明します。

1. デザインコンセプトを決める


「製品コンセプト」が言葉を主体にした製品の特徴をまとめたものであるのに対して、それを実際のカタチに落とし込むための具体的なルールとして設定したものが「デザインコンセプト」と呼ばれています。ただ実務上では、デザインコンセプトは製品コンセプトとほとんど同じです。

というのは、実際の開発現場では、特に中小企業や個人では「何を作るか」というプロセスを検証していない方が多数派です。デザイナーが彼らに代わって製品コンセプトを決めていることが多いのです。結果、デザインコンセプトと製品コンセプトがほぼ同じものになってしまうわけです。

その理由として、(中小企業や個人にとって)「デザイナーさんの費用が結構高いこと」があります。その原因の1つは、デザイナーが製品コンセプト作りから関わることにあります。デザイナーがヒアリングを繰り返して、作るべき製品の方向性まで整理する作業に、膨大な時間がかかるのです。

2. ユーザーに与える印象を決める


デザインはデザインコンセプトを基にして、「製品がユーザーに与える印象」を考えます。製品コンセプトは「ひとことで」製品の特徴を表すキャッチコピーでしたよね? 対してデザインは「ひと目で」製品の特徴が分かるようなカタチを目指していくのです。

そのやり方として、良くあるのが、「アナロジー(類推)の力」で、つまり「イメージを作ること」です。人は形や色などを通して、「それが何か」を自然に予想する生き物です。

「四角くて灰色の物」→「ブロックのイメージ」→「持ち運ぼうとは感じない」

……というふうに、無自覚に類推を働かせてしまうのです。類似イメージを想起させることで、説明によらずユーザーに印象を与えることをデザインは目指しているのです。

3. 使われ方(ユーザビリティ)を決める


同時にユーザーが製品をどう使うかを想定して、操作を誘導するような形を検討していきます。誰しも取っ手があればつかみたくなり、ボタンがあれば押してみたくなりますね? こうした、ついやってしまいがちな行動を見越して、デザインのカタチをそろえていきます。

4. 実際のカタチをデザインする


いよいよ、以上で検討したことを踏まえて、形状を具体的なカタチにスケッチしていくことになります。これは単にスケッチを描くだけでなく、それと併せて、実際につかんでみたり置いてみたりするために、発泡スチロールなどを削ってサンプルを作るという作業が頻繁に行われています。上記のようなユーザビリティを確認するために必要な作業なわけです。

プロダクトのデザインでは上記のような基本的な要件を満たしていることを前提となるので、「カッコよさ」よりも、ユーザーに与える印象や、ユーザビリティを優先することが頻繁に起こります。「カッコいいデザイン=良いデザイン」というわけではないのです。

こうした一連のルールは、製品をユーザーに受け入れてもらって「売れる」製品にするために必要なものです。ここを無視して、何となく「カッコイイ」とか「いまどきな感じ」とか、そんなことだけで判断してしまうと、よろしくありません。ユーザーから見て、「何となくヤダ」とか「惹(ひ)かれない」製品になってしまうので……。

<やったことないですか?>
1つありがちな事例を挙げます。例えば、ABの2案がある時、即座に「その中間で、もう一案欲しい」という要望を良く聞きます。……それ、やめましょう。ちゃんとデザインがなされている場合、ABそれぞれには別々の意図があってデザインされています。中間は本来ないのです。小手先のダメなデザインを追加させるために、余分な費用を払うことになります。なぜA案はこのデザインで、なぜB案はこのデザインなのか、まずその理由をよく聞いてから判断してください。

 

「友だちだから特別に安くするよ」は、ちょっと待て!!
――デザインの適正価格とは


以上で説明した4つの作業でデザインは進められますが、ではその費用はどの位が適正と言えるのでしょうか? 頼む側からすれば、デザインを依頼する目的は製品が「売れる」ようにするためです。だから、絶対売れるならば高くても割に合うし、売れ行きが変わらないならば1円だって払いたくないハズです。でも売れても売れなくても、そこにデザインがどのくらい貢献したかが分かりづらいので、費用が算定できず難しいのです。

上記で挙げたデザインの工程は、これまで多くの先人が製品を売るために編み出した作業ですから、これを端折ってしまうと売れる確率は確実に下がります。ですからデザインにどこまで労力を掛けるか、費用対効果を判断する必要があるわけで、単純になんでも端折って安くするべきではありません。

時々、「友だち価格で安くしてもらえた」と嬉々としている依頼者を見受けます。しかしデザイナーさんの話をよくよく聞くと「価格相応にサクッと仕上げただけだよ」ということが多いように思います。安い分、労力をかけていないわけです。こうしたデザインは売れる確率を大きく下げているので、そもそも無駄金を払っている恐れも高いのです。

もう1つデザインの怖いところは、何となくそれっぽく仕上げたものと、ちゃんと労力をかけて十分な検討をした上で仕上げたものとは、デザインスケッチだけではすぐに区別が付かないことです。だから「どうしてこういうデザインにしたのか」と、丁寧な説明を求める必要があるでしょう。同時に、お互いの信頼関係が築けるかどうかデザイナーの人柄を見る、という眼力も依頼者に求められます。

さて本題の価格なのですが、1つの目安としてそのデザイナーの月価格がどの位か? そのデザイナーをどの位の期間拘束するか? を基準に考えると良いのではないかと思います。ちゃんとデザインをしようと思えば少なくとも2週間程度は拘束されることになりますし、後はそのデザイナーさんの立場により月当たりに稼がなくてはならない額も決まっているでしょう。なので、一応プロに依頼する場合、20万円を下回る価格になると、どこか手を抜いているか、他のかせぎを当てにしているとか、なにか理由があると考える方が良いかもしれません。

「カッコよいデザインスケッチ」の裏には、丁々発止の駆け引きがあるとか、ないとか……(笑)。お察しいただけましたでしょうか。次回は、デザインと似ているけれど全然違う、「設計」についてのお話をしていきましょう。

(次回へ続く)

プロフィール

林 光邦(はやし・てるくに)/株式会社テクノラボ 代表取締役

東京都立大学3年在学時に実家のプラスチック工場に入社し、そのまま社会人経験をスタートしたものの、数年後に倒産し廃業。その後、創業したばかりの株式会社エヌシーネットワークに入社。同社で工場のプロモーションと業務委託のための工場監査を担当し、300を超える町工場を訪問。

2004年、33歳で株式会社テクノラボを創業。平均年間60~80件程度の製品開発を行う。台湾企業とコラボして作った「foop」、インド製薬企業向けの医療機器開発、国内ベンチャーと協働した3Dホログラム造影端末など、黒子に徹しながら現在も多くの新製品開発に関わる。2018年より海洋ごみのリサイクル事業にも参入。

神奈川ビジネスオーディション最優秀賞など、ビジネスコンペティションの受賞多数。

趣味は、犬の散歩とごみ拾い。

sample
PlaBase編集部
PlaBase[プラベース]

これまでカタログや材料メーカー各社のホームページ内に散在していた樹脂(プラスチック)成形材料の情報をPlaBaseに集約しました。 メーカー・樹脂名・物性値など多様な検索方法によって、お客様の目的に合った樹脂成形材料のデータを探し出すことができます。