いまさら聞けない「SDGs」入門

この記事では…
SDGsの基本的な内容と、プラスチックへの関わりや企業が果たすべき役割について説明します。

(執筆:おりも みか/製造業ライター)

SDGsを知っていますか


SDGsとはSustainable Development Goalsの略で、「持続可能な開発目標」と訳されます。2015年の国連サミットにおいて、全加盟国が合意した「持続可能な開発のための開発のアジェンダ2030」の中で掲げられました。

世界共通の目標として、17のゴールとそれらを達成するための具体的な169のターゲット(達成基準)から構成されます。

持続可能な開発と聞くと、地球環境に関する政府の目標であると思ってしまいますが、実際は、すべての国が「経済」「環境」「社会」の3つの側面においてバランスのとれた社会を目指すものです。環境問題だけでなく、貧困や飢餓、経済問題からジェンダーまで幅広い課題を網羅しているのです。

2030年までに、豊かさを追求しながら地球環境を守り、また「誰一人取り残さない」ことを強調して、人々が人間らしく暮らしていくための社会基盤を達成することが目標とされています。

これらの目標は政府だけでなく、自治体や企業に対しても役割を果たすよう求めています。

SDGsで企業が果たす役割とは


少し前まで、企業の行う社会貢献と言えばCSR(Corporate Social Responcibillity)でした。

CSRは企業の社会的責任として、さまざまな慈善活動やボランティアなどを行う一方で、これらは直接的に利益を上げるものではありませんでした。

SDGsは、「ビジネスを行いながら、社会をよくしていこう」という活動です。企業が消費者、取引先、株主、投資家、従業員、自治体などのステークホルダーから選ばれるためには、SDGsへの取り組みが判断材料となっています。これはESG投資やエシカル消費と呼ばれます。

ESG投資とは「環境(Environment)」「社会(Social)」「企業統治(Governance)」における投資ことで、二酸化炭素排出量の抑制への取り組みや商品の安全性、人権・労働環境などの社会問題への配慮など、SDGsの達成に貢献している企業を投資先に選ぶという動きで、既に世界の投資家の中では大きなトレンドになっています。

また一般消費者にとってもエシカル消費、つまりSDGsの達成を考慮した企業の商品を進んで購入する動きも知られるようになってきました。「どうせ選ぶならば、多少価格が上がってもより環境や社会にやさしいものを」という考えが浸透してきているのです。

つまり、企業がSDGsを意識しより環境や社会に貢献することによってイメージアップにつながり、投資家や消費者から支持されて売り上げもあがり、その結果持続可能な社会が実現されるということです。

プラスチックとの関わり


2020年7月より、小売店でのレジ袋の有料化(プラスチック製買物袋有料化)がスタートしました。
環境問題において何かと「わるもの」扱いされがちなプラスチックですが、現代の生活においてなくてはならないものです。持続可能な社会を考えた時に、プラスチックはどのように関わるべきなのでしょうか。

まず最も象徴的なのが、海洋プラスチックごみの問題です。2014年の段階で、世界全体で存在するプラスチックごみは3億1000万トンにおよび、このまま何も対策をしなければ2050年には世界の海に生息する魚類の総重量を超えてしまうと試算されています(参考:「プラスチックを取り巻く国内外の状況 – 環境省」)。

テレビなどで、死んだ海鳥や海洋生物の体内からたくさんのプラスチックごみが出てきたという映像を見たことのある人も多いかと思います。海洋生物がえさと間違えてプラスチックごみを食べてしまったり、放置された漁網などに絡まってしまったりすることで命を落としてしまうことが問題となっています。そのほかにも漁業や観光への影響、安全な船舶運航への影響が懸念されています。

また、近年「マイクロプラスチック」という言葉もよく聞くようになりました。マイクロプラスチックは直径5mm以下の小さなプラスチック片のことを指し、現在の技術では回収することができません。マイクロプラスチックの原因としては投棄されたプラスチックごみが紫外線などによって分解されて小さくなってしまったもの、洗顔料などに含まれるスクラブ、合繊繊維を洗濯した際に流れ出る繊維片などがあるとされています。

マイクロプラスチックを魚や貝が食べ、さらにその魚介を人間が食べることによって、人体にも悪影響があるのではと懸念されています(※)。

プラスチックの原料は石油で、その生産や焼却には二酸化炭素が発生します。また石油は枯渇が懸念されている資源ですので、持続可能な社会のためには、その使用量を減らしていかなくてはなりません。そのためにはリユース・リサイクルを進めたり、バイオマスプラスチックなど石油に代わる代替原料の開発など、プラスチックメーカーにもできることはたくさんあるのです。

 編集部注※:諸説あり。海洋のマイクロプラスチックは、

“本当に人体の影響があるのかどうかについては、現在はあくまで、「まだ研究途上の段階」にあって、推察の域にすぎない。”

海洋に潜むマイクロプラスチック:プラ業界の「環境との共存」(2)

コロナの影響とは


2020年新型コロナウイルスは、世界中にあっという間に広がりました。それほど世界はグローバル化が進んでいるということでもあります。コロナによって世界中で社会や生活の大きな変革が求められており、それがSDGsの動きにも大きな影響をおよぼしています。
コロナ禍によって経済が停滞し貧困や飢餓問題の解決は遅延しました。またステイホームによるドメスティックバイオレンスの深刻化も懸念されています。

その一方で、ロックダウンによって工場の操業が停止したことで、空気がきれいになったという環境問題の改善効果も見られました。

感染症により衛生や福祉・健康問題の問題も浮き彫りになったことで、解決への意識が高くなったり、ステイホームによってリモートワークやオンライン教育が一気に推し進められたという影響もあります。これまで使い捨ては失くしていくという方向だったものが、衛生的観点から見直していくという方向転換が行われたものもあります。

コロナはこれまでの世界の常識を大きく変えるものとなったのです。

SDGsを「自分ごと」に


SDGsは普遍的な目標としてすべての国、自治体、企業、そして一人ひとりが取り組んでいかなくてはなりません。まずは「自分ごと」と捉え、より良い社会をつくるために、今一度自分がやるべきこと、できることは何かを考えるときが来ているのではないでしょうか。

 

プロフィール

おりも みか  新卒入社した玩具製造メーカーにて品質・生産技術担当として日本国内・中国工場での新規ライン立ち上げを経験。玩具、アミューズメント機器、医療機器、健康雑貨など主にプラスチック製品の開発・製造に携わる。結婚を機に退職し、現在は育児の傍ら製造業ライターとして活動中。

Twitter ID:@jilljean0506

sample
PlaBase編集部
PlaBase[プラベース]

これまでカタログや材料メーカー各社のホームページ内に散在していた樹脂(プラスチック)成形材料の情報をPlaBaseに集約しました。 メーカー・樹脂名・物性値など多様な検索方法によって、お客様の目的に合った樹脂成形材料のデータを探し出すことができます。